安倍政権、2度の首相経験で変革断行。

安倍政権は、日本の政治家がスキャンダルまみれとなり、多くが失脚してしまった感が強い中で、時代のニーズに合わせ大きな変革を遂げてきました。安保法案に関してはかなり論議を呼んでいますが、安倍首相の政権が2度目である事を考えれば、この政治的構想は長年の熟考が実を結ぼうしている感が強いです。

安倍首相は何も軍事国家にしようと目論んでいる訳ではなく、私は芸能人も街頭スピーチしていた安保法案拒否の世論の一方的な決めつけに、辟易していました。

安保法案賛成の人々も確実にいます。

マスメディアが流す安保法案に関してのニュースは、少し眉唾ものであると私は捉えています。

安倍首相がテレビで安保法案に関して出演して話したいと言っているのに関わらず、長期間安倍首相のテレビ番組への出演はなかった様に感じます。

そして、山本議員の牛歩に関しては、もっと表現の仕方があるだろうと、その幼稚性に驚きました。

品位をもって頂きたかったです。山本議員と言えばたけしさんの番組の目玉「ダンス甲子園」でブレイクした人です。

議員にまでなり、安保法案拒否を表現する為にした事が牛歩とは、その当時の山本議員のキャラクター「メロリンキュー」を想像してしまいました。

安倍政権、全てを賛成する訳ではないですが、小泉首相時代に匹敵する政権となってきた様に感じます。プロミス 審査基準