森友問題で籠池氏の録音データは本物

森友問題はまだ続いていました。北朝鮮問題やフランスの大統領選挙に埋もれて話題にも上らなくなりましたが、衆議院の予算委員会で野党からの追及を受け、財務省側が籠池氏の提出したやりとりの録音テープは本物だと証言しました。連日報道された頃に比べるとかなりトーンは下がっていますが、やっぱり首相夫人が名誉校長になったことでの忖度は決してシロとは言えないと思います。首相側が否定すればするほど深みにはまっているようで、野党の言うように夫人も証人喚問に呼んだらいいと思います。もし夫人がごり押ししたのならいけませんが、普通に首相夫人が名前を連ねている事に便宜を図ったのであればそれはありうることですから罪に問われることはないと思います。
一般的な社会でも地位が上の人や、大事なお客さんに対しては優先して便宜を図ります。また特例も認めます。日本はそういう社会ですのでそれでいいと思います。今後の法制を変えればいいのですから。野党の追及にまだそんなことを言っているのか!と言わんばかりの小ばかにしたような首相の答弁も見苦しく思えてきました。ネットのニュースなどを見ると首相と夫人は家庭内別居だと報道されています。一般家庭のように夫が妻のコントールが出来ていないのではないかと思いました。モビット 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です