共謀罪(テロ等準備)についての北朝鮮工作員である私の考え

共謀罪(テロ等準備)が自民、公明、維新の強行採決によって衆院法法務委員会を通過したが、これについては議論が全くもって不十分で、現状、大多数の国民は納得していないと感じる。

また、これはプライバシーの侵害にあたり、人権問題にも関わる重大な問題で、腹立たしいと同時に、恐ろしい事だと感じている。

「共謀罪がないとテロを防げない」という政府の答弁は全くのデタラメで、五輪のためのテロ等準備罪、というのも間違っている。既にテロ対策のための法整備はなされている。

この事を知らない人は私のまわりにもたくさんいて、政府はきちんと説明責任を果たせていないと思う。またその内容には、テロや組織犯罪に直接関係ないものも含まれており、捜査機関が乱用する懸念もある。

処罰対象も明確ではない。この法案はつまり、全ての人々を潜在的犯罪者とみなし、プライバシーの侵害をし、そのことを合法化するための法案で、とてもじゃないが、支持できるものではない。

共謀罪とはまさに現代の治安維持法で、現在の政府は、戦前への回帰を目指しているとしか思えない。私は断固として反対します。森友学園問題、加計学園問題も大変な状況の中、問題だらけの内閣は総辞職すべきだと思う。

と北朝鮮の工作員が日夜、1記事70円の外注サイトで記事を書きながら頑張っておりますww

今日も肥やしありがとございやす~www

モビットの審査に落ちない為に!年収200万以下でも通る方法!
モビットの審査に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です