トランプ大統領の奥さんの服装。

アメリカ大統領のドナルド・トランプとその大統領婦人がサウジアラビアを訪問した。その時の大統領婦人のメラニア婦人の服装が物議を醸してる。ことの発端はメラニア婦人が外遊先のサウジアラビアを訪れたときに頭部を覆うスカーフを着用していなかった。保守的なイスラム教のサウジアラビアでは外国人でも女性が外出するときは頭部を隠すのが望ましいとされています。それどころか前アメリカ大統領のバラクオバマ氏の婦人のミシェルオバマ婦人もサウジアラビアを訪問したときにスカーフはしていなかった。さらに言えばドイツのメイケル首相にイギリスのメイ首相にクリントン元アメリカ国務長官といったいわゆる女性指導者もサウジアラビアを訪問した際にはスカーフはしてない。これってどうなんだろうね。いろいろ考え方や見方があるから一概には非難することはできないと思う。世間一般的にはスカーフなしでサウジアラビアを訪問したってなればマナーがなってないとか常識外れとか思われます。ましてや一国の大統領婦人とか首相とか女性指導者ってなったら尚更マスコミの格好の標的になりますね。当然周りからいろいろサウジアラビアを訪問するにあたってアドバイスや礼儀作法くらいは教わっているはずです。にもかかわらずさきに上げた女性たちはなぜスカーフなしでサウジアラビアに行ったのかである。単純にスカーフが邪魔とか煩わしいとかファッション的なことなのかそれほど意識することじゃないとかもしくは何かのメッセージを意識してあえてスカーフなしでサウジアラビア訪問したのか本音を聞きたいところです。

紹介サイト
オリックス銀行カードローンの審査に落ちないための3カ条!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です